Tags

    キャリア教育支援室へようこそ: 43

    キャリア教育支援室は,学年ごとに目標を定めたキャリア教育支援プログラムを用いて
    皆さんの学びの過程をサポートします。



    就職(進学)率がほぼ100%の高専で,どうしてキャリア教育が必要なんですか?

    • 多くの情報がある中で入学してくる学生の価値観や
      人生観の多様化
    • 個人にあった職業選択,大学編入学や専攻科への進学など,
      進路の多様化
    • 景気の波の激しい変動といった時代の変化による進路の多様化
    • 学業だけでなく,幅広い知識や社会性を備えているという
      社会からの要求 

    このような中,年齢に応じた適切な学習の動機付けを行い,目的意識をもってもらい,高度な先端技術を身につけるとともに,幅広い教養や社会性を身につけ,いわゆるコンピテンシ(*)を有する技術者として,社会に送り出すことが求められているのです。

    (*) コンピテンシとは,高い成果を生み出す人の特徴的な行動特性のことです。


    どのようなプログラムが用意されているのですか?

    1. 低学年では,ホームルーム活動を中心に,学生生活を送る上での学びの環境作りや社会性を育むために,学習の動機付け,基本的な生活習慣や人間関係の構築などの内容としています。また,将来,国際的な舞台で活躍できるように,国際理解や異文化理解など,感性や表現力を育む内容としています。
    2. 高学年では,将来の夢を実現していくために,皆さんが自主・自立的にキャリア形成を行えるようにプログラムを構成し,進路決定を円滑に行うための内容としています。中には,学生の判断による希望受講制をとっています。
    3. パーソナルポートフォリオ(T‐ファイルを用いることで,キャリア教育支援プログラムに関連する資料を残し,キャリアを積んでいく過程の履歴化,そして,振り返ることによる「気づき」によるキャリア形成が図れるようにしています。

    → 学年ごとのキャリア教育支援プログラム一覧へ

    Comments

    /groups/career/search/index.rss?tag=hotlist/groups/career/search/?tag=hotWhat’s HotHotListHot!?tag=hot0/groups/career/sidebar/HotListNo items tagged with hot.hot/groups/career/search/index.rss?sort=modifiedDate&kind=all&sortDirection=reverse&excludePages=wiki/welcomelist/groups/career/search/?sort=modifiedDate&kind=all&sortDirection=reverse&excludePages=wiki/welcomeRecent ChangesRecentChangesListUpdates?sort=modifiedDate&kind=all&sortDirection=reverse&excludePages=wiki/welcome0/groups/career/sidebar/RecentChangesListmodifiedDateallRecent ChangesRecentChangesListUpdateswiki/welcomeNo recent changes.reverse5search